自分の病気・不調は「もう一生治らない」と諦めているあなたへ…


諦めないでください。ヤング式自然療法の実践で、どこに行っても良くならなかった難病・奇病の方々がこのような結果を手に入れています・・・

お客様の変化

乾癬[かんせん] 英語[Psoriasis]ソライアシス
小腸デトックスを実践をして7か月目で写真のようにきれいになる。

 

お腹が出っ張って腰痛・頭痛・肩こり・肝臓が悪いと診断されたが、

6ヵ月の実践でお腹は右の下の写真のようにへっこんで全ての不調が消えた。


 

実践三日目にして最初の排便。これにより頭痛がやっと消える。同時に便秘の度に現れる顔のブツブツが消える

 

 

1か月目で

体重6キログラム減で1サイズダウン。体が軽い。
お腹が出っ張らなくなり、姿勢が良くなる。
睡眠時間が4時間でも目覚めが良くすっきり起きられる 日中に眠くならない。
足にできていた赤い発疹の痒みが全くなくなる。

 



万病のもとである小腸のしこり(宿便)を取ることで、体の中で眠っている自然治癒力が病気を根本から治し、健康な体へと導きます。

医学では宿便は無いものとされていますが、不調を訴えるお客様のお腹を揉むとほぼ固いしこりがあります。それを揉んで宿便取りで洗い出して、食事を変えることを続けると、どんどんそのしこりがなくなり不調が消えていきます。

フルカラーの人体写真。お腹の小腸部分に黒く映った物体は右のような黒くなった宿便です。(2004年8月出版のNationalGeographic に掲載)

 米国の医者バナード・ジェンセンが腸と浄化プログラムの過程で排泄した老廃物や粘膜(宿便)たち。(参考書籍:汚れた腸が病気を作る)



世の中には変な病気が萬栄しています。そのほとんどが小腸の宿便による血液の汚染が原因だと私は長年の経験からたどり着きました。

医者であった祖父から150年続くヤング式療法は病気が良くなるだけでなく、病気の前よりもっと元気になることが目的であり可能なものです。

 

便秘、腸の違和感、腰痛、肩こり、片頭痛、生理痛、アトピー、不眠症、うつ、精神病、糖尿病、断薬、膠原病、パーキンソン病、ガンなど、ご相談ください。

 

◆ヤング式自然療法が選ばれる理由 

 

あなたの周りに、あなたの不調や病気の原因を説明してくれる人はいますか?

 

私たちは病気がなぜ発生するのかを突きとめ、さまざまな病気の方と共にこの問題を探究し解決してきました。自然療法、代替療法の情報はあふれるほどありますが、実際にご病気の方のサポートを続け、50年もの実績を積んできた人はそういません。

 

私たちは原因を理解し、それを除去するから良くなります。

 

腸をきれいにしながら腸の蠕動運動を生かして人間の体に最適な食事(生穀物と生野菜の栄養)をとると、今までの食事で汚れた血液がきれいになって病気は消えるものです。 

 

ほとんどの病気の原因は血液の汚れからくるものなので、ガンも膠原病も小さい不調も実践することは同じです。

 

良くなった後も実践を続けると同じ病気になることを避けることはもちろん、病気になる前より体が元気になります。それが本当のゴールです。 ヤング式療法の実践はそのゴールを叶えます。

 

~ ヤング先生の一言 ~

私は世界中から呼ばれて、多くの方をこの療法でサポートしてきました。良くなるのを目のあたりにして、人間の体のすごい力を感じてきました。

 

私自身も50年間、生穀菜食の食事を続けてきました。80歳を過ぎましたが医者からは50代の体力で驚かれました。毎日働いてますし、年々知識欲も増しています。周りの同年代に聞くような体の痛みもなく、夜しっかり睡眠をとると翌朝には疲れがとれているのです。

※この療法の真偽はヤング先生本人と会ってみると良くわかります。 

 

◆ヤング式自然療法とは何をするのですか? 

ヤング式療法ロゴ

  

実践することは3つです。

小腸揉みをして、腸の蠕動運動を促しながら、腸にこびりついた古便(宿便)を砕き体から早くでるようにします。

宿便デトックスハーブを毎日飲んで、あなたの小腸に長年溜まった古便(宿便)を洗い出します。

③食事を生穀物、生野菜、加熱していない生の水を中心にした食事に変えます。

  

◆指圧、整体、マッサージ、他の腸もみとの違い。

 

ヤング式自然療法は「意識改革」です。

 

腸を揉みながら健康になる為の心の持ち方も伝えてゆくので、回数を重ねていくうちにだんだん覚えて、ゆくゆくは自分で自分の健康をコントロールするようになります。ノウハウを身に着けるための意識改革です。

 

一度壊したものをなおすのには時間がかかります。体が良くなるまでの気持ちの維持と体が良くなるための食事の継続潜在体力の向上の為にも、私たちのサポートが必要とされます。

 

※潜在体力とは

ヤング先生の造語。ヤング先生の勉強と体験から見つかった人間に元から備わった体力のこと。

 

「火事場の馬鹿力」という言葉があります。人間は危機的状況により日常には発揮できていない力を使える様子をうたってますが、この力は危機的状況に陥らずとも発揮できることがわかりました。その力を「潜在体力」と名付けました。

 

もともと私たちに備わった力である「潜在体力」を普段から生かすには腸がきれいになることが有効だと、私たちのお客様が腸がきれいになり病気が良くなると、早起き・日中の活動量が増える・頭が冴える・体の痛みがなく軽い・天寿を全うするなどの姿をみて確信しました。

 

ヤング先生自身も、未熟児で生まれ、小さい頃から人より体力がなく、いつも頭が冴えず、昨日言ったことも忘れるような不健康な体のため、早く成長しようと西洋栄養学でいう栄養豊富な食事を出来るだけたくさんお腹に詰め込むような食生活をして30代で糖尿病になりました。一度は体を壊しましたが、そこからこの療法により元気を取り戻し、病気以前に増して体力もつき、頭も冴え、80才を越えた今でも、朝3時に起きて勉強し、日中は腸もみの施術を連続でするような体力を維持してます。これが腸をきれいにし、生穀菜食中心の食事を続けたことによる潜在体力を生かしている状態だと言えます。

 

皆さんも今から潜在体力を生かせるように体を変えましょう♪

 

ヤング式自然療法で良くなった方々

症状「膠原病、ステロイド長期服用に伴う大腿骨頭壊死」

女性(60代)

施術期間:10ヵ月

腸もみ施術回数:1日3回

その他:生穀菜食の徹底

体の変化:膠原病の完治・大腿骨頭の再生

詳細:症例・体験談へ



症状「肝硬変」

男性(70代)

施術期間:1年

腸もみ施術回数:1日1回

その他:生穀菜食70%以上

体の変化:1日目で上がらなかった腕が上がるように変化、肝臓機能回復、肝硬変完治、顔色も黒色から正常に変化。仕事も社長へ復帰できる体力の回復など。



症状「右大腿のしびれ・痛み」

女性(70代)

施術期間:3週間

腸もみ施術回数:1~2日に1回

その他:生穀菜食の徹底

体の変化:3年前より右大腿のしびれ・痛みがあり整体や鍼、病院に通うものの改善がなかった。小腸センターに通って食事を変え、施術を受けると3週間目に全く痛みがないことに気づき驚かれました。その後も痛みの再発はないとのことです。


症例「膠原病」

1990年 膠原病の全身性エリテマトーデス(SLE)と診断され、その4年後、ステロイドの副作用で大腿骨頭壊死になり歩行困難となって手術もできないまま一生歩くことはあきらめるように医師に言われた皆川容子さんは、当時台湾で活動されていたヤング先生のもとに10か月通い、膠原病と壊死になった大腿骨頭が完全に回復されました。

 

この方は本に体験を書かれました。

「あした葉のように ~消えた膠原病・再生した骨頭~」皆川容子著書

 

 第2部 P.124~ 「消えた膠原病・再生した骨頭」では、病気の原因・実際にどのような体質改善をしたのか、経過を交えて記録されております。


症例「乳がん・肝臓がん」

40代女性 Uさん 

2008年に乳ガンを患ってから、2016年迄に2度の肝臓がんの再発を経験しました。

 

乳ガンは、手術・放射線治療・ホルモン治療、1度目の肝臓ガンは抗がん剤で治療し治りましたが、一年もしない内に2度目の肝臓ガンが再発しました。

それが、2016年の春です。

 

前回治った抗がん剤で再度治療する予定でした。

果たして前回使用した抗がん剤が効くのか、

効かなければもっと強い抗がん剤を使う事になるのではないか、

例え治ってもまた再発するのではないか、と言う不安を抱き、思い悩んでました。

 

そんな時、知人からヤング先生の腸揉み&生菜食療法を紹介して貰いました。

藁をもすがる思いで先生に会い話を聞いたところ、病院では決して教えてくれなかった「私がガンになった理由」と「対処法」の説明を聞き、「腸揉み&生菜食」を試してみる決心をしました。

 

それからは、ヤング先生による腸揉みと、完全に生菜食への切り替えを実践しました。

 

始めて1ヶ月半位は、腫瘍マーカーが増え続け、直径4cm 1個と初めに診断された腫瘍が、5cm 3個となり大変不安に思いました。

でも、それ以降は腫瘍マーカーは、徐々に下がり続け、腫瘍の大きさに変化は見られませんでした。

そして、一年経った頃、腫瘍が7mm小さくなった事が分かりました。

その時の腫瘍マーカーは、まだ正常値内では有りませんが、最高値の半分以下になりました。

 

「ガンその物もやっつける療法」では無く、「体の治癒力を高め、体に悪い物を入れない療法」なので、短期型治療では無い所にヤキモキする事も有りましたが、抗がん剤治療中に感じた「抗がん剤を投与しなくなったら再発するかも知れない終わりの無い不安」が無くなった事は、私にとっては何にも変えがたい嬉しい事です。

 

腸揉みを始めた時は、ガン告知のショックと体調不良で免疫力・体力共にかなり落ち込んでいましたが、日を追う毎に徐々に回復し、気付いた頃には以前より体の力がみなぎり、寝ると体の疲れがリセットされる様になりました。

 

それから、排便の量と回数には驚きです。

元々ほとんど便秘になった事が無い性分でしたが、今の排便量と比べると、雲泥の差。

今は、平均して1日3~4回、大量に出ます。

そして、排便後は、体が軽くなったり体調不良が良くなります。

 

たまにとても臭いタール状の便が出ます。

それが宿便だそうで、それが出ると一歩一歩、体の調子が良くなるのが不思議です。

 

また、腸揉みを始めた当日から布団に入ったらすぐに熟睡する様になり、朝もすっきり起きられるようになりました

 

お肌が白くなり、顔色のムラが減りました。

腸揉みを開始した時からは、7kgほど体重は減りましたが、体力は以前よりも有ると思います。

仕事も以前と変わりなく続けています。

 

「生野菜・生穀物・生水」の生活も、初めの頃は、沢山食べられない時期も有りましたが、今ではモリモリ美味しく食べて、胃が重くならず体が楽になるので、体が欲している事が分かります。

 

食事に関しても、ヤング先生の理論にのっとった料理法も教えて貰えるので、食を楽しむ事か出きます。

 

医学的治療は一切せず、「腸揉み、生菜食、排便」をしているだけで、ガンが小さくなってきているのが本当に嬉しいです。

今後の再発の不安がなくなり、嬉しい毎日を過ごしています。

 

ヤング先生には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


症例「前立腺がん」

80男性 Yさん 

退職後、前立腺ガンが見つかる

65歳で退職。その頃、高齢者用の医療診療がタダというので、県立病院で診てもらったらですね、ガンの数値マーカーが、「普通の人は4までだが、あなたは18もありますよ!」と言われ、調べたら前立腺のガンです。

 

大阪森ノ宮の府立成人病センターに前立腺では有名な先生が居られるというので行きましたら、やっぱり前立腺ガンでした。家族を皆呼んでくださいと言われて、病室

にいっぱいレントゲン写真を貼られて、どうしても手術せねば駄目だと病室まで決められたんですよ。でも、手術はしたくないと言って退院しました。

 

その時、知り合いの方が、ヤング先生という方が、西宮の夙川で腸のマッサージと生野菜の健康法をやって居られると言われて、西宮に住んでいましたので、車を飛ばして行きました。お会いして前立腺ガンだとお話したら、即座に『生野菜と腸マッサージで治りますよ。』と言われたんですよ。ヘーと思って聞いていましたが、皆川先生

の体験も聴きまして、しばらく通わせてもらいました。

 

前立腺ガンが消える

しばらくして、府立成人病センターに手術をやめる報告に行き、血液検査をすると血液が綺麗になっていた記憶があります。結局手術はせずに抗がん剤も止めて、ヤング先生のお世話になって、前立腺ガンは消えてしまいました

 

新大阪に移られてからも通いました。途中しばらく途絶えましたが、ここへ来る前のところも通わせていただいて、今もお世話になっています。

 

86 歳の今、血液検査では優等生

今、病院では血液検査で「85歳になってこんなに綺麗な血液の人は見たことない。」

と医者がびっくりするんですから、こっちも驚いてありがたいな、と思っています。

この健康法をさせていただいたお陰でありがたいなと。

 

 

私の友達が次から次と亡くなっているんですよ。中学時代同期のラグビー部員 10 人の内、昨年最後の一人が亡くなって、今私一人生きているんですよ。海軍同期の仲間の中でも一番元気な感じがします。

これも、菜食整腸健康法のおかげと感謝している次第です。

 

上記体験談はNPO法人 ネイティブヘルスの会報誌 明日葉第62号(2015年)の本文より抜粋。当時ヤング先生はNPO法人 ネイティブヘルスの顧問でした。

体験談の全文はこちら↓

ダウンロード
ashitaba62.pdf
PDFファイル 724.2 KB

しっかり実践した方々は体の変化を感じてます。

ご予約・お問い合わせは☎090-2524-6930まで。


 ※このサイトに記載された内容はヤング先生が個人的に実践した内容なので、これより大規模に一緒に研究したい方たちをお待ちしております。

 

※ここでの施術や食事指導は医療行為ではありません。ご自身の意志と責任を持ってお受けくださるよう お願いいたします。 


宿便デトックスハーブについて

 

ヤング先生がたくさんの下剤を試し、一番効果を感じたおすすめの宿便デトックスハーブです。

 

詳細ページへ