~ ヒポクラテスの教え ~ 「汝の食事を薬とし、 汝の薬は食事とせよ」

Young’s Raw food(生穀物生菜食)

 

元気の秘訣は【腸がきれい】なこと。

 

腸を汚さない、負担をかけない食事、いつまでも細胞に張りのある体を保てる食事は生の穀物と生野菜の食事です。

 

 

ヤング先生のおすすめする食事(Young’s Raw food)は現在流行っている「ローフード」とは違うことがあります。

 

それは生の穀物を摂ること。

 

果物・フルーツはできるだけ摂らないこと。

ナッツ・植物性でも油はなるべく控えること。

酸味のあるお酢やかんきつ類、トマトも腸を弱くするので摂りません

お水は加熱していない生の水を飲みます。

 

穀物に含まれるたんぱく質は、生でとることにより細胞のハリや機能を保つよう、しっかり働いてくれます。周りに生の穀物を食べてる方がほとんどいないので想像しにくいのですが、食べ続けているヤング先生やそのご家族を見ると年齢より若々しい肌と筋肉が残っています。これは長年食べ続けないと実感できないので、ぜひ日々の食事に生の穀物を取り入れてみてください。

繰り返しますが腸をきれいにするには食事がとても重要です。

 

ヤング先生が50年指導してきた食事は生穀物と生野菜、そして生の水を飲むことです。

腸もみで腸の蠕動運動を促進させ、古便を出し腸内をきれいにし、きれいな血液をめぐらすのと平行して、腸に溜まりにくい食事を摂ること、また栄養を損なわないようになるべく調理と加工をしない生の穀物と生のお野菜で体に栄養をたっぷり届けることを提唱しております。

 

また健康情報で体に良いとされているものも避けたほうが良いものがたくさんあります。それは50年間クライアントと向き合いながら得た経験からきており、体調の改善を遅れさせるので極力取らないことをお勧めしてます。

 

【腸をきれいにする期間、控える食べ物】

 1.動物性食品全般(肉・魚・魚介類・加工品)・加熱した油(揚げ物)・添加物・スナック菓子・菓子類

 

2.火を通した穀物(ごはん、パン、パスタ、うどん、そば等)・野菜・豆・豆製品

 

3.果物・トマト・酢・酒類 ・砂糖・人工甘味料

 

4.油脂類。動物性脂や乳製品・植物性油・ナッツ類。

 

特に病気の方には生穀物・生菜食・生水だけをおすすめします。 

※ここで長年食べ続けている食べ物が体に合わないと言われ、腑に落ちないのは当然です。人間の体には自然のものしか合いません。人間が手を加えれば加えるほど体に合わなくなります。栄養学では火を通したものと生のものの区別がありませんが人間の体はこれをはっきり区別してます。人間の頭で考えることと「実際」は違うのです。これらは50年間病人達と向き合った中で切実に体得しました。(ヤング先生)

レシピ集

生玄米と野菜のジュース
生玄米と野菜のジュース
小腸デトックスジュース
小腸デトックスジュース