不治の病と宿便

食事を生食に変えて、小腸の中の不純物、すなわち宿便をとると、血液が自ずときれいになって不治の病が消える例はいくらでもある。

 

「腸が大切。宿便が病気の原因である。」というのは広まってきた。

 

 しかし、まだまだ本当のことが知られていない。宿便という病気の元凶を未だ理解していない。生食と小腸を無視するから病気は治らない。

「病気の原因が宿便だ、宿便!」と言って、断食くらいで宿便が出ると思っているところが間違い。半断食、水のみの本断食でも確かに黒いタール便なども出るが、あれは氷山の一角。

 

本当に出そうと思ったら、食事を生食に変えて、腸の蠕動運動を回復するよう外から刺激しながら、小腸の壁に長年こびりついている宿便をとりながら、宿便とりのハーブを飲んで一年以上かかる。腸がきれいになると栄養の吸収力が強くなり血液が自ずときれいになって、不治の病は自分で消える。

 

本当にやりたい人は小腸ヨガセンターで専門的にサポートします。

 

------------------------------------------

次回のヤン先生のセミナーはアトピー治しの名人【前田良枝さん】の「アトピーの子供を産まないために。アトピーになってしまったら。」のお話しも聞けます。

 

詳細:日時2017年6月11日(日)11:00~15:00

ヤン流ローフードランチも付きます♪

 

お申し込みはお電話にて。090-2524-6930